Brain-Storm

こんな感じのサイトを目指してます。(http://yuukiremix.s33.xrea.com/chirashi/)





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





朝日が不敬だったかはともかく、それを指摘する側が情けなすぎる

さるさる日記 - 勝谷誠彦の××な日々。
http://www.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=31174&log=20050709

阿保はあくまでも「あぼ」であって、「あほ」でも「あほう」でもない。(「あほ」だと変換されないし、「あほう」なら「阿呆」または「阿房」とちゃんと変換される。)勝谷自身が「あぼ」と読むのを知っていながら(知らないはずはないだろう。知らないのなら勝谷がアホだと言われかねない危険な賭けである。)、「アホ呼ばわりした」とか騒ぎ立てるのは、かえって自身が何か天皇家についてアホ呼ばわりしたいかのように見える。


この問題で「阿保天皇」という誤植があったことで、「天皇をアホ呼ばわりした」とか抜かすようなやつは、「阿保親王」という正しい表記でも「親王をアホ呼ばわりした」と騒ぐような無教養な人間以外にいないと思うのだが。


この場合、通例では回収するのだから、それをなぜ朝日が訂正にとどめ(しかも当日の)、そのまま配達したのか。という点から攻めるだけでもそれなりの効果はあると思う。(もっとも、勝谷はここでもミスを犯している。「Be」を抜くだけでも、広告のことなどを考えると損害はかなりのもの。ただ抜けばいいなどというのは単なる無知とされても仕方ない。)せっかく相手のミスにつけこんだのに、自分がそれ以上のミスを犯してたんじゃ世話ないね。





posted by はが 17:47comments(0)trackbacks(0)





地下鉄で突如災害にあうのは他人事とは思えない。

五輪開催決定やサミット開始といった、世界的なイベントの直後だけに、テロに狙われる状況ではあったといえる。サミットがスコットランドで開かれるために、そっちに警備の人員割いただろうし。

もっとも、一日早かったら、ロンドンで五輪開催決定を喜ぶ人の群れに爆弾が飛んでいたかもしれない。日本で言えば、阪神優勝の際に道頓堀を爆破するようなものである。危険すぎる。その点は、非常に不謹慎だが、不幸中の幸いだったのだろう。

最初に爆発が起こったのがリバプールストリート。金融の中心部。アメリカの同時多発テロで、WTCを狙ったのと平仄は合っている。そして「アルカイダ・ヨーロッパ」。パチモンだとしたら、つけるなよという名前。

こうして、ロンドンもまた警戒態勢が強められ、物々しくなり、長閑な雰囲気は失われていく。これはテロに対する敗北か。もちろん、敗北である。テロは相手が仕掛けてきて、それに対応するという方策しかない。"You lose , you lose , you lose , until you win."と言ったのはどこぞのアメリカのお偉いさんだった(誰が言ったか失念)が、まさにそのとおりだと思う。
posted by はが 11:57comments(0)trackbacks(0)





在米ドミニカンの、ドミニカ国民との温度差が気になる

下の記事で驚いたのは、「両親は100%ドミニカンなので、私はその国を代表したい」っていう言葉。移民の国アメリカにおいてなお「国籍」「ルーツ」というものが重みを持っているのだということを感じた。

もちろん、日本における問題はこのような単純なものではない。ぶっちゃけ「郷に入って郷に従」わず、日本的なものを排斥しようという連中が多すぎる。

>「日本語で日本の文化を教えるのが右傾化の原因だ」
>「日本語で授業するのはウリ達マイノリティに対するシャベツだ」
>「授業で日本の童謡を教えるのは右傾化を促進する」
>「ウリたちの言葉でウリ達の文化を教える事が自由民主主義に合ってるニダ」
>「チョッパリはウリ達エリートに尽くすのが世界の常識ニダ」


2ちゃんのとあるスレからの転載だし、信頼できるソースでは決してないが、もし仮にこのような発言が事実ならば、
とりあえず死んどけ? な?
posted by はが 19:04comments(0)trackbacks(0)





三菱?買わねーよw

三菱自動車21万台リコール 後部ドア落下でけが人も

この手のニュースを見ると、一度落とした評判はスパイラル的に下がっていくものだということをひしひしと感じる。オレの母親は「日本航空には絶対乗らない」と強調してるが、アンタ一昨年まで割と愛用してただろ。とかく、一度やらかすとマスコミが張り付いて過去の不祥事は暴かれ、新たな不祥事が起こるとすぐに大々的に報道されるから、他の企業の実態と比較して異常に悪いように錯覚しがちだけど、実際どの程度ダメなのか分からない。

むしろ、小さな傷のうちに治せるものは治しておくことが大事だという教訓が残るが、それができるようでなかなかできない。
posted by はが 17:28comments(0)trackbacks(0)